HOME布おむつ読みもの一覧経皮毒を知ってください

布おむつばなし
経皮毒を知ってください


出産前に自身が布ナプキンを使っていたという方は、赤ちゃんにも布おむつを選ぶことが多いです。それは言うまでもなく、布ナプキンの心地よさを身をもって体感したからだと思います。

店主増田は逆のパターン。わが子に布おむつを使ったことがきっかけで「布って気持ちよさそう…」と思うようになり、産後の生理が再開したときから布ナプキンを使うようになりました。


誰もが一度は使ったことのある使い捨てナプキン(ケミカルナプキン)、構造は使い捨ておむつ(紙おむつと呼ばれているもの)と基本的には同じです。ご存知だと思いますが、水分を高分子吸収体(高分子ポリマー)に閉じ込めています。これって、熱冷ましなどに使う冷却ジェルと同じものです。もちろんタンポンも…です。

つまり使い捨てナプキンもおむつも、紙ではなく石油製品なのです。そんなものを女性はデリケートゾーンに直接あてて使用しています。

そして使い捨ておむつ(紙おむつ)も同じ。今も紙おむつをつけている女の子の身体からポリマーは熱を吸い取り、冷やし続けています。








特に女の子を持つお母さん『経皮毒』を知ってください

『経皮毒』※1という言葉を聞いたことがありますか?

※1…経皮毒(けいひどく)とは皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることとして、竹内久米司らがその著書『経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている!』で使用している造語。主に健康法に類する著作に多く見られる俗称であり、学術的には用いられない。

人間は、皮膚からでも毒素を吸収します。身体の部位によりその吸収率は異なりますが、一番吸収率が高いのは、他でもない粘膜と言われています。女性のデリケートゾーンは言うまでもなくその粘膜です。
化学製品を粘膜に密着させることで、粘膜や周辺皮膚をから毒素は体内に吸収され、様々な害を及ぼすと警鐘を鳴らしている専門家がいます。

子宮内膜症、子宮頸がんが若年化したり、不妊症が増えている世代は、使い捨てナプキンやパンスト(これも化学繊維です)が一般的になった世代からだと言われているのです。

そんな中で、不妊症に悩んでいた女性が使い捨てナプキンから布ナプキンに変えて妊娠できたという話も聞きます。 もちろん100%ナプキンのおかげというわけではないでしょうが、経皮毒が減り、さらには下半身の保温にもなるので、身体が妊娠しやすい状態になった可能性は大いにあります。




使い捨てナプキンが普及した年代から子宮系の病気が増えているのであれば、紙おむつが普及し、乳児期から経皮毒におかされているここ20年くらいの赤ちゃんたちが大人になったとき、今以上に女性特有の病気に苦しむ女性が増えているのではないか と考えると、怖くなるのは私だけではないと思います。


生理は長くても1週間で終わります。ですが紙おむつをつけている赤ちゃんは365日続きます。自分で取り外しもできません。
つまり赤ちゃんは、生まれたときからずっと、経皮毒におかされつづけているともいえるのです。





女の子の赤ちゃんは、お母さんの胎内(しかも妊娠初期)には子宮が完成しています。産声をあげたときには既に一生分の卵子を体内に持って産まれてくるのです。まだ赤ちゃんだから平気なんてことはありません。思春期を迎えるよりずっと前から、お母さんのお腹で育っているときから、女の子の身体や生殖機能は大切に育まれているのです。

女性の身体がとてもデリケートだということは、女性であるお母さん自身が一番分かっていますよね。

経皮毒をゼロに、とは言いません。それは無理だと思うから。
だけど時間があるときだけでも、自宅にいるときだけでも、娘さんを経皮毒から守ってあげませんか。それが少しでも、将来の娘さんの病気や不妊のリスクを下げる可能性があるのだとしたら、できることはやってあげたいと思いますよね。
未来の宿っている女の子の身体、大事に大事に育てていきたいものです。
 

HOME布おむつばなし経皮毒を知ってください


最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。