HOME布おむつばなし>布おむつと紙おむつ、結局どれくらいお金の差があるの?

布おむつばなし
布おむつと紙おむつ、結局どれくらいお金の差があるの?


布おむつは経済的だというのは、誰しもが分かっていることだと思います。しかし具体的にどのくらい経済的なのか、布おむつと使い捨ておむつ(紙おむつ)はどの程度違いがあるのか。数字を出してみました。





使い捨ておむつ(紙おむつ)

使い捨ておむつ(紙おむつ)で育った子どもたちの、おむつ卒業の時期は平均で3歳後半となっていますので、3歳6ヶ月までおむつを使ったとして、42ヶ月分のおむつ代を算出しました。合計で23万円超えです!(下図参照)おむつはちょこちょこ購入するので大きなお金が動いていると感じづらいかもしれませんが、トータルこんなにかかっているんですね。

そして何より使い捨ておむつの場合は、赤ちゃん1人につき必ずこの金額がかかるということが大きいと思います。子どもが2人になれば46万円、3人になれば69万円もおむつに消えるということです。

さらに注目してほしいのは使用枚数。1人の赤ちゃんに1万枚のおむつ。それがすべてゴミになっているのです。1日10枚程度のゴミも積もればこれだけの量になるんですね。

<注意>
・使い捨ておむつ(紙おむつ)はネットショップでランキング上位の販売店で1枚あたりの価格を算出しています。
・サイズアップのタイミングには個人差がありますのでご了承ください。




布おむつ(使い捨ておむつを時々併用)

必ず一定のお金がかかる使い捨ておむつと異なり、布おむつはお金のかけ方が人によって様々です。お下がりをたっぷり貰った人と0からすべて揃える人、安価なものをメインで購入する人と素材やデザインにこだわったおむつをたくさん購入する人。大きな大きな差が出ます。
ですので下図では「0から揃える」「価格帯は上のほうのおむつを揃える」という、布おむつの中でもお金をかけた人を想定して算出してみました。
その結果、こだわっておむつを揃えてみても7万円強という結果になりました。良いものを買っておけば長く使えるので2人目の子どもにもそのまま活用できます。3人目くらいになると、傷んでくるおむつも多いかもしれませんが、傷みがひどいものだけ買い換えれば済みますね。

就寝時などは使い捨ておむつを使うとして +3〜4万円。(ここも人によって差が大きいです)

水道光熱費や洗剤代は、布おむつを使っていても使っていなくても、赤ちゃんのいる生活は洗濯物が増えるので、布おむつを洗うことによる大きな変化はないと言えます。

さらに、布おむつ育児をしていると早い時期からおまるに座らせる人が多いせいか、ほとんどの子どもが2歳前後でおむつ卒業します。期間だけ考えても、使い捨ておむつの半分程度で終わるのです。(※おむつ卒業の時期には個人差があります)

つまり布おむつメインの育児の場合、かなり多く見積もっても11〜12万円程度。2人目の子どもには使い捨ておむつだけ買えばいいので2人育てても15〜16万円。3人育てても20万円くらいですね。




結論

使い捨ておむつは、布おむつの3倍かかる。

言い方を変えれば、1人目が使い捨ておむつだったとしても、2人目からでも布を使うようにすれば、決して無駄にはならず、かなり経済的ということですね♪
この先子どもの予定はないから…という場合でも布おむつを選ぶことに躊躇しないで良さそうです♪

 

今から布おむつを始めたい!できるだけ安く抑えたい!というあなた。ご予算に合わせてプランニングさせていただきます。
>>布おむつプランニング
 

HOME布おむつばなし>布おむつと紙おむつ、結局どれくらいお金の差があるの?


最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。