HOME布おむつばなし布おむつの「おさがり」について

布おむつばなし
布おむつの「おさがり」について

布おむつは「受け継ぐことができる」おむつです。使い捨てではない布おむつの大きな魅力のひとつだと思います。
しかし講座などで「布おむつのおさがり」のお話しをさせてもらうと、「えっ?おむつのおさがり?」と驚かれる方が意外に多いのです。



“おさがり”があるのは布おむつの魅力

布おむつは繰り返し使えます。汚れても毎日リセット(洗濯)して毎日使用しています。

昔は、おむつに使う布ですら手に入りにくかった時代もありますから、おむつは代々大切に使っていくというのは当然のことでした。兄弟姉妹はもちろん、近所や親戚に赤ちゃんが生まれると受け継がれていったものだといいます。それは今の時代もやっぱり同じではないかと思います。

同世代の赤ちゃんに譲ることもできますし、「弟や妹が使っていたというおむつがあったんです」と笑顔で話される方もいます。「おばあちゃんの浴衣の生地で作ったおむつなんです」というお話を聞いたこともあります。

使い捨ておむつを基準に考えると、人が使ったものを使うなんて…違和感を覚えるのも無理はないのかもしれませんが、おむつといえど、綺麗に洗っているものなので、やはり衣類のおさがりと同じ考え方でいいのではないかなと思うのです。

また、おむつは少し使い込んだもののほうが吸収力がいいという場合もありますから、周囲から「おむつ譲ろうか」と言われたときには、ぜひ有難く使って頂きたいなと思います。



おさがりを頂いたときの注意

ただひとつ注意したいのは、生地の摩耗です。使い込んだ程度ならいいのですが、使い古したと表現できるくらいの生地は繊維が摩耗して、赤ちゃんの肌を傷つけることがあります。
しっかりと予洗いをした上で、お母さん自身がしっかりと手触りを確認してから、赤ちゃんにあててあげましょう。

 


最近では、子育ての現場だけでなく社会全体が、除菌ブーム?殺菌ブーム?妙に清潔(というか潔癖)になってきてるなと個人的には感じます。泥まみれで遊ぶ子どもも減りましたよね。外でいろんなものに手を伸ばす子どもに「ダメ!ばっちぃよ!」と言っている親御さんも増えてる気がします。もちろん、その時代にぴったりフィットしちゃってるのが使い捨ておむつなのかな、とも思えます。
その結果布おむつも汚いものという意識が強い人もいて、お下がりを忌み嫌う人が多くなっているのかもしれません。

でも赤ちゃんの排せつ物って…そんなに汚くないと思うのです。だからやっぱり増田は、おさがりバンザイ派です。
 

>>産まれてから寝返りまで おすすめの商品一覧
 

HOME布おむつばなし布おむつの「おさがり」について


最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。