HOME布おむつばなし>いいとこどり育児を始めよう

布おむつばなし

いいとこどり育児を始めよう


紙派?布派?◯◯◯◯◯派?

犬派?猫派?のように、もしおむつ派閥が2つに分けられるのであれば、店主 増田は“布派”になるでしょう。しかしおむつの派閥は紙派or布派いうより、紙派orいいとこどり派だと思っています。
増田はまちがいなく“いいとこどり派”ですし、多くの布おむつユーザーが同じく”いいとこどり派”です。

紙おむつは漏れないし軽いし、捨てるだけでいい手軽さ。そしておむつ代がかかるとはいえ、なんとか払える価格になっています。便利なのは百も承知ですし、増田もその便利さに随分助けられました。しかしそれに頼りすぎることで犠牲になるものもあります。






紙おむつ、布おむつ、併用が一番利口?

増田自身、子どもたちを布おむつメインで育てました。しかし時には紙おむつに頼り、おむつをつけるのすら面倒なときはおむつフリーを楽しんだり。何か1つに固執するのではなく、あれもこれもと欲張りにいいとこどりをした結果、子どもたちは2歳の誕生日にはおむつは必要なくなっていました。

布おむつを使っていて大変に感じることはほとんどありませんでしたが、天気が悪くて洗濯が間に合わない時、忙しい時、体調が悪い時などなど、もしものときに頼りになるのが紙おむつでした。言い方を変えれば、紙おむつがあるから布おむつを楽に使うことができたのです。

もしものとき、結果的に紙おむつに頼ることもあるし、頼らずに済むこともあります。そして、必要最低限の紙おむつしか消費しないことによって得るものもある。 (やっぱりゴミは少ないに限りますしね。)
現代のママは、安価で優秀な紙おむつがあるからこそ布おむつを使いやすい環境にいると思うのです。 布おむつユーザーにとっても、“もしものときの紙おむつ”はとても心強い味方ですから。 あなたも“いいとこどり”の布紙併用を始めてみませんか?

 
HOME布おむつばなし>いいとこどり育児を始めよう


最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。