HOME店主マスダのブログ>受け継がれていくおむつカバー (05/19 '18)

受け継がれていくおむつカバー (05/19 '18) − private diary

久しぶりのブログになってしまいました。
気温差が激しい時期、なんだか落ち着きませんね。暑くなったり急に肌寒くなったり。ついていくのにやっとのマスダでございます。お肌は荒れ気味。体重も増え気味。困っちゃいますわ。

GW頃って1年のうちでいちばん体重が増える時期らしいですよ皆さん!お正月太り→寒い時期は蓄える→戻る間もなくGWがやってくる、みたいな話をテレビで見ました。だからみんなこの時期は年間の最高体重なんだとか。
これからはね、どんどん汗かいて落としていかないといけないですね。これまであまり体重が増えないタイプだったわたしも、ここのところ成長期なので。加齢というのはオソロシイ。目を背けず、今日もワンダーコアに座ります。




高校時代からの親友が、もうすぐ3人目の赤ちゃんを出産します。お兄ちゃんとお姉ちゃんが待つおうちに産まれてくる赤ちゃんは、いったいどんな個性を持っていて、どんな味わいを見せてくれるのでしょう。楽しみで仕方ない。とにかく今は無事の出産を祈るのみ、です。

彼女が最初の出産をしたとき、わたしが使っていた布おむつカバーを譲ったことがありました。もう8年も前のことですが、それを大事にとっていてくれた彼女。
先日会ったとき「おむつ、2人終わったから返さなきゃって思ってたんだけど、ごめん、まだ返さない♪」と話しながら、11年前にわたしが選んだ色とりどりのおむつカバーを出してきてくれました。
まぶしいくらいのオレンジに、元気が出そうな赤、少し大人っぽいブルーに、綺麗な海みたいなエメラルドグリーンetc…。来る日も来る日も何十回と目にして手にしていたおむつカバー。当時よりも少しばかり年季が入った風合いで、でも相変わらず可愛くて。それらを身に着けていた息子たちの赤ちゃん時代を思い出し、初心に還ったような気持ちになりました。



わたしの子育ての思い出が詰まったおむつに、彼女の思い出も追加されていって。2年後にはもっともっと"思い出密度"の濃いおむつカバーになっていることでしょう。赤ちゃんがおむつ卒業する頃には、色とりどりの思い出を、彼女と半分こしたいなって思ったりしました。

さあ赤ちゃんよ、元気に産まれておいで。おばちゃんがうざいくらい抱っこしてあげるよ〜!
 

HOME店主マスダのブログ>受け継がれていくおむつカバー (05/19 '18)


最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。