カナダうまれの布おむつMother-easeの正規日本代理店 「1日1枚から」無理なく楽しむ布おむつライフをご提案します




HOME > 布おむつQ&A




 

Q 新生児から布おむつを使うのは大変かなと不安です。育児が少し落ち着いてからがいいですか?

A 産後の体調が問題なければ、産後すぐからでも布おむつはお使い頂けます。

赤ちゃんは生まれて間もない頃は1日に20回以上、それも少しずつ排泄するので、布おむつのほうが経済的でもあります。
しかし無理は禁物です。洗濯等が負担にならないように、時間を決めて使う、ご家族に手伝ってもらうなど、疲れすぎないようにのんびりペースで使いましょう。




Q 出産準備中です。布おむつやおむつカバーはどのくらい準備すれば足りますか?

A 布おむつメインで使用するなら、布おむつは40枚ほどあると安心です。
夜間などは紙おむつにするなら30枚ほどでも大丈夫です。
体重の増加が著しい時期ですので、おむつカバーは買いすぎないように、2、3枚で留めましょう。
フリーサイズのものでしたら多めに購入しておいても良いですね。




Q うちの子は紙おむつにおしっこ・うんちをしても教えてくれません。布にしたら教えてくれるようになりますか?

A 「布おむつは濡れた感じが分かるから泣いて教えてくれる」と云われることがありますが、
ほとんどの場合、排泄直前に赤ちゃんは泣いています。(泣かずに何かしらの仕草をする子もいます)
ですので布おむつに変えたから泣いて教えるようになるということは殆どありません。
布おむつであれ紙おむつであれ、
おしっこが出るたびに綺麗なおむつに交換してあげて
さらに時々おむつを取ってオマル等で排泄させてあげると、
赤ちゃんは「おしっこが出るよ」の仕草(サイン)を出し続けてくれますので、
その仕草(サイン)を探してみるといいでしょう。




Q 布おむつの洗濯にお薦めの洗剤を教えてください。

A おむつの洗濯にお薦めなのはセスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)です。
セスキ炭酸ソーダは重曹よりも冷たい水でも溶けやすいのが特徴で、
重曹と同じく無機物なので、環境中に放出されても生分解の必要はなく、
有機物である界面活性剤が使われている洗剤よりも環境や、人体にやさしいといえます。

また、ご存じの方も多いでしょうが、セスキ炭酸ソーダは血液汚れにも強いため布ナプキンの浸け置きや洗濯に使えます。
油汚れにも強い特性を生かし、家庭のお掃除にも使用できる汎用性も高いすぐれものです。
セスキ炭酸ソーダ以外ですと洗濯石鹸を使用している方も多いです。パッケージ裏面の品名が「洗濯用石けん」になっているものを選びましょう。
石けんは冷たい水では溶けにくいので、お風呂の残り湯などをうまく利用するといいですね。
他にベビー用(おむつ用)洗剤を使ってもOKです。ただし合成界面活性剤、蛍光剤などが使われているものもあります。理解した上で、選ぶようにしましょう。




Q 浸け置き用の水には洗剤を溶かしたほうが良いですか?

A 浸け置きはただのお水でも問題はありません。
ただし、においが気になる場合はセスキ炭酸ソーダやミョウバンを溶かすといいでしょう。


Q 布おむつは、他の洗濯物と一緒に洗濯しても大丈夫ですか?

A 布おむつだけ別にして洗う人もいますし、一緒に洗う人もいます。
ご自身の「気になる基準」で決めていただいて問題ありません。


Q うんちがべったりと付いたときの洗い方を教えてください。

A ゆるめのうんち、ベタベタのうんちは、バケツの水の中でふるい落とすと取れやすいです。
バケツの水はトイレに流しましょう。
また、気にならなければ、トイレの水を流し、水が出てくるところにうんちが付いている箇所を当てると楽です。
布おむつベテランさんはこの方法でうんちを流している人も多いです。


Q 布おむつを使うようになってから、おむつで覆っている部分が赤くなってきました。(かぶれ?)
布おむつが合わないとかあるんでしょうか。紙おむつに戻したほうが良いでしょうか。


A 布おむつで赤くなるには主に3つの原因が考えられます。
1、洗剤にまけている可能性
布おむつに残っている残留洗剤、いわゆるすすぎ残しでかぶれてしまうことがあります。
おむつは衣類以上に、デリケートな部分に密着しています。それだけ、おむつの繊維に残っている洗剤が刺激になることがあるのです。
刺激の強い塩素系漂白剤などを使用している場合は直ちに中止し、普段の洗剤も合成界面活性剤、蛍光剤などが
できるだけ使われていない、自然由来のものを選ぶようにしましょう。

2、おしっこにまけている可能性
布おむつは、おしっこに濡れた状態で数十分過ごすだけでもアンモニアがダイレクトに肌を刺激します。
赤ちゃんは0〜6ヶ月で1日20回くらいおしっこをします。少しずつおしっこを貯められるようになる6〜12ヶ月でも15回ほどです。
もしおむつ交換がその回数よりも少ない場合は、おしっこで濡れたおむつのまま過ごしている時間が長いかもしれません。
おむつチェックをこまめにし、少しのおしっこでもすぐにおむつを交換することで、かぶれは改善してきます。

3、おむつとの摩擦の可能性
ごくたまにですが、おむつの繊維が摩耗して、赤ちゃんの肌と摩擦を起こすことがあります。
古いおむつに多いので、一度肌触りをチェックしてみましょう。
また最近増えているドラム式洗濯機や乾燥機はおむつを傷めやすいので、肌触りがガサガサしてきたら使用を控えるようにしましょう。



Q 乾燥機を使っても良いですか?

A 乾燥機を使用するとおむつの傷みが早くなるため、メーカーは推奨していない場合はほとんどですが、絶対にだめということはありません。
ライフスタイルに合わせてご自身の基準で判断していただいて大丈夫です。



Q 布おむつに興味があるのですが、家族に反対されています…。

A 家族、特におばあちゃん世代の家族に布おむつの使用を反対されるという話はたびたび聞きます。
ご年配の方々に多いのは、自分が大変だったという苦い思い出のようです。
しかし今は時代が変わっています。
今は布おむつのスペックも上がり種類も増えています。性能の良い洗濯機もあります。
布おむつしか選択肢がなかった頃は大変だったと思いますが、今は大変になったときは紙おむつもあります。
布おむつを使ってみたいと思ったら、「無理せずに2,3枚からやってみるね」と伝えましょう。
少ない枚数だったら‥と安心して協力してくれるご家族は多いです。



Q 布おむつは環境に優しいというけれど、洗濯排水が増えますよね?どういう点が環境に優しいんですか?

A 布おむつと紙おむつ(使い捨ておむつ)の環境負荷についてのデータがあります。(幼児1人あたり/年)
・原材料生産のための土地 … 布おむつ13-40平方米  紙おむつ407-829平方米
・水資源… 布おむつ19-32立方米 紙おむつ14-28立方米
・廃棄物…  布おむつ0.3-0.5GJ   紙おむつ1.2-2.5GJ (ギガジュール※熱量の単位)
・消費エネルギー…  布おむつ3-6kg 紙おむつ288-360kg
原材料、生産の段階のエネルギー消費量、ゴミの量、そして焼却処分のためのエネルギーが莫大なのが使い捨ておむつです。
布おむつはもちろん洗うために水を使いますが、排水に関しては洗剤を自然由来のものにするなどして配慮ができます。
おむつとして使わなくなったあとも、お掃除に使うなどして、最後まで使い切って処分できます。
世界的にゴミ問題が深刻な中、ゴミを減らすための合言葉4Rの中の、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)をかなえてくれるのが布おむつです。

 

Q 布おむつの場合、市販のおしりふきを使うと処理に困ります…。

A 布おむつを使っているときは、布のおしりふきがお薦めです。着なくなったTシャツなどを切ったものでもOK。
布のおしりふきは、ぬるま湯で濡らして使います。使用後はおむつと一緒に洗うだけ。
繰り返し使えてゴミも出ません。



Q 輪おむつを使っていますが、しょっちゅう漏れてしまいます。対策を教えてください。

A  輪おむつの漏れに関しては別ページにまとめていますのでぜひ御覧ください。



Q パンツタイプは何ヶ月くらいから使えますか?

A ズリバイくらいのときはまだ腰が浮いておらずパンツタイプは履かせづらいので、腰を浮かせてハイハイをするようになる頃、もしくはつかまり立ちを始めた頃からがパンツタイプが便利になってきます。



HOME > 布おむつQ&A